サポートデザイナー mu’s blog

美容系の仕事について33年 美容師免許・フードアナリスト2級 ヨガ・ワイン・紅茶など、食と健康そして美容に関しての内容です

<国産のメイプルシロップ> 鳥取のお母さんの味

先日は、採れたばかりのメイプルシロップをいただきました。

 

鳥取県智頭町産。

 

楓の幹に傷をつけ、その樹液をゆっくり採取して(ここまでお父さんの仕事)、

自宅のすごくカッコいい(ドイツ製のハイカロリー)薪ストーブで半分以上に

なるまで煮込み(ここはお母さんの仕事)、トロトロになったところをいただきました。(これは私の仕事)

 

メイプルシロップといえば、カナダ産しか食したことのない私です。

まさか、国産があるとは?

 

山と共に生き、山を育み、山を愛しているお父さんと

その山の恵を喜び、山への愛情を持って、食事を作るお母さんだからこその

メイプルシロップ。

 

もちろん、小売りはしていません。

 

カナダ産と比べると、サラサラとしていますが

スーッと身体にしみるような透明感を感じます。

 

私はそのままで、寝る前にひとさじ喉に潤いを与える食べ方(飲み方)が好きです。

 

何かと混ぜるのはもったいない気がします。

お父さんとお母さんのもったいないのです。

 

鳥取のおかあさんは、母性の塊です。

 

芯から優しく、強い方。

 

私とそんなに歳は変わらないのですが、、、

どうしても「おかあさん」と呼んでしまいます。

 

私が風邪を引いている時、

ショウガシロップをそっと出してくれたり、

湯たんぽをお布団に入れてくれたり。。。

 

咳をコンコンとするだけで、「大丈夫だよ」と支えてくれたり。。。

 

私はこんな母にはなれなかったけれど、今度生まれ変わったら、

こんな人になりたいと思わせる方です。

 

そう、厳しさもあります。

添加物だらけの素材は決して使いません。

山を荒らすことを許しません。

 

こんな私をいつも「それでいいのですよ」と

励ましてくれます。

 

そのお母さんのメイプルシロップを今日も大事にいただきました。

 

感謝。(夕べは満月でしたね)