サポートデザイナー mu’s blog

美容系の仕事について33年 美容師免許・フードアナリスト2級 ヨガ・ワイン・紅茶など、食と健康そして美容に関しての内容です

【ジェルネイル やめるまでの道のり】 元気な地爪が1番

おはようございます。


いまは、新幹線で姫路に向かうところです。


今日は朝から地震で、大変でしたね。

あの5年前が浮かび、不安になりましたね。

どうか何事もないように。



さて、タイトルの件ですが、私は、15年くらい、ジェルネイルをしていました。


昨年、やっときっぱり止めることが出来、地爪ボロボロ期間も乗り越え、いまは、健康な爪になりました。


昨年、子宮の手術の際も、何度も看護師さんに

爪はジェルネイルではないですか?

すぐに落として下さい。

マニキュアは、一切禁止です。


と言われましたが、丁度やめてから、半年後くらいだったので、楽に過ごせました。


だって、手術でカラダが弱くなる時に、更に爪もジェルネイルを落としたままなんて、最悪ですから。


さて、話は戻りますが、何故やめたか?

理由は簡単です。


自宅近くのネイリストさんの話を聞くのが疲れた→恋愛が実らずなヤンキータイプ


やり続けたことにより、地爪が弱くなり、もし震災などでケアが出来なくなったら、生爪が剥がれるくらい最悪の状況になると危機感を何年も感じていた


3週間に一度のケアの時間とお金に、ムダを感じた→一回あたり、2時間4000円くらい


体調の悪さからか、手荒れがひどくなり、手はガサガサなのに、爪はキラキラとアンバランスなヒトになっていた→肌が汚いのに、無理にメイクをギラギラしているようなイメージ


確かに、疲れていても爪がキラキラだと気分が上ります。


しかし、そんなことを15年もやると、飽きてきました。


思い切って、やめた日にはなんだか、手が軽くなりました。


が、もともと、薄く弱い爪だったため、先がすぐ欠けたりして脆く、素爪ではいられないため、トップコートで毎日補強しました。


なるべく除光液は使いたくないので、透明のトップコートをつけてつけて、爪が強くなるのを待ちました。正に、育爪。


やめてから、1カ月くらいの時に、ネットでネイルケア専門のサロンを発見。

新宿でしたので、すぐに行き、今後の爪育をいろいろ教えてもらいました。


ポイントは、甘皮部分は常にオイルで保湿すること


爪切りではなく、紙ヤスリを使うこと


トップコートで補給を忘れない


そして、半年くらいで健康的な地爪になりました。


いま、もう毎日透明な爪に満足です。


時々、気合いのいる仕事の前や、美容講座になると、やはりやろうかな?

となりますが、もう、大丈夫です。


実は、私のまわりでやめた方が数人おりますが、その理由がみんな似ています。

ネイリストさんとの関係が面倒になった!


ネイル時には、雑誌も読めない、動けない、、、話すしかない。

しかも、腕の良いネイリストさんほど、ヤンキーなタイプ。

このバランスが、きっかけに。


これからは、健康な爪で行きます。



ここまで読んでいただき感謝です。