サポートデザイナー mu’s blog

美容系の仕事について33年 美容師免許・フードアナリスト2級 ヨガ・ワイン・紅茶など、食と健康そして美容に関しての内容です

<国産のメイプルシロップ> 鳥取のお母さんの味

先日は、採れたばかりのメイプルシロップをいただきました。

 

鳥取県智頭町産。

 

楓の幹に傷をつけ、その樹液をゆっくり採取して(ここまでお父さんの仕事)、

自宅のすごくカッコいい(ドイツ製のハイカロリー)薪ストーブで半分以上に

なるまで煮込み(ここはお母さんの仕事)、トロトロになったところをいただきました。(これは私の仕事)

 

メイプルシロップといえば、カナダ産しか食したことのない私です。

まさか、国産があるとは?

 

山と共に生き、山を育み、山を愛しているお父さんと

その山の恵を喜び、山への愛情を持って、食事を作るお母さんだからこその

メイプルシロップ。

 

もちろん、小売りはしていません。

 

カナダ産と比べると、サラサラとしていますが

スーッと身体にしみるような透明感を感じます。

 

私はそのままで、寝る前にひとさじ喉に潤いを与える食べ方(飲み方)が好きです。

 

何かと混ぜるのはもったいない気がします。

お父さんとお母さんのもったいないのです。

 

鳥取のおかあさんは、母性の塊です。

 

芯から優しく、強い方。

 

私とそんなに歳は変わらないのですが、、、

どうしても「おかあさん」と呼んでしまいます。

 

私が風邪を引いている時、

ショウガシロップをそっと出してくれたり、

湯たんぽをお布団に入れてくれたり。。。

 

咳をコンコンとするだけで、「大丈夫だよ」と支えてくれたり。。。

 

私はこんな母にはなれなかったけれど、今度生まれ変わったら、

こんな人になりたいと思わせる方です。

 

そう、厳しさもあります。

添加物だらけの素材は決して使いません。

山を荒らすことを許しません。

 

こんな私をいつも「それでいいのですよ」と

励ましてくれます。

 

そのお母さんのメイプルシロップを今日も大事にいただきました。

 

感謝。(夕べは満月でしたね)

<妊娠菌>かなり持っているようです

今、妊娠菌なるものが流行っていると聞きました。

 

え?私?と思いましたよ。

 

私は以前勤務していた会社では

「政府から表彰されるよ」と言われるほど

アシスタントさんを妊娠(親は私ではなく)させていました。

 

たぶん、11人はそうであったと思います。

 

「あの方と一緒に仕事をすると妊娠する」と、いつも言われて

派遣社員さんの間では大人気。

 

しかも、独身→結婚→妊娠→出産の流れになるので

独身のアラサーには、喉から手がほどの人気ポジション。

 

一例を挙げますと

Aさん>

当時34歳。結婚はしていたが、不妊、流産を経験し、もう子どもは諦めつつあった方矢先に、たまたま、私のアシスタントになった。

1年後、、、、気が付いたら、妊娠、、、そして順調に産休まで働き

無事出産。その後、二人目も授かり、現在は香港で(転勤)生活。

 

Bさん>

当時35歳。彼氏いない歴数年。

このまま仕事に生きるつもりで、私と一緒の仕事に。

そうしたら、半年後に彼氏が出来て、その後すぐに、さずかり婚に。

なんと、20代の頃から子宮と卵巣に持病があり、自然妊娠は

諦めていたのに、自然妊娠。そして、無事に出産。

産婦人科医師に「この卵巣で自然妊娠は驚く」と言われたとか。

今はその子も4才。元気に育っています。

 

などなど、数々の逸話が満載。。。

 

と、その本人(私)は、24才になる男子を一人産んだだけです。

 

「あの時、Mさん(私)と一緒に仕事が出来たから、この子供がいるんです」

 

と、年賀状は子供の写真であふれています。

 

「なんで?なにかコツは?」

 

とよく聞かれますが。。。

 

私が感じるのは、一つの仕事をしっかりやり遂げた後に

妊娠するのではないか?と思います。

 

実は私も妊娠したのは、プロジェクトが上手く達成できた直後でした。

さあ、次回も、、、と思っていたのですが、次は仕事ではなく

妊娠、出産をやり遂げることだったと思います。

 

私の妊娠菌で妊娠した方々は、全員その「やり遂げた」状況だったと

確信します。

 

大きな仕事でなくても、なんでも良いと思います。

 

なにかを自分でしっかり行い、自信がつくと、子供育ても自信がついて

妊娠が出来るのではないかなと思います。

 

ここまで読んでいただき感謝。

 

 

 

 

 

 

 

<寒仕込み 味噌> マンションは暖かいので熟成が早いです

こんにちは。

 

今日は、寒仕込みで味噌を作りました。

寒仕込みといっても、既に立春を過ぎてしまいましたが

味噌作りは体力がいるのと、良い麹がないといけないので

なかなかできずにいました。

 

そんなときに、、、昨日行った産地直送のお店に

生麹があったのです。

すぐに、大豆、塩と共に購入。

 

帰宅後すぐに、大豆をふやかし、一晩置いて、

朝にシャトルシェフで沸騰させて、そのまま放置。

 

今日は、初めての確定申告会場に。

 

なんとか、申告は終了。

 

そして、午後から、大豆をつぶして、麹と塩を混ぜて、

樽に仕込んで。。。。

 

あとは、6か月待ちましょう。

 

最近の注意点は、マンションは、暖かいため、すぐに

熟成が進み、あっという間に、黒味噌になってしまうこと。

 

以前の戸建て時代の倍くらい早いですね。

 

9月くらいには、冷蔵庫に移動させます。

 

そして、味も熟成が早いためか、大味です。

 

山村の一軒家の味噌蔵に入れて欲しいですね。

低温、熟成でじっくり。

 

そうそう、来週はアメリカ人の方達に英語で

味噌講習会をやります。

 

みんな真剣に手を動かしてくれますよ。

 

すぐに結果が出ないものほど、楽しい料理はないですよね。

梅干し、味噌、、、楽しいです。

 

今から、もう、梅の季節(6月)が楽しみです。

 

 

<ベランダ 真冬の花> 春より満開

f:id:munkht:20170203080221j:plain

f:id:munkht:20170203080229j:plain

 

こんにちは。

一年で一番お花が満開になるのは

実は今です。

今、うちのベランダでは、冬の花達が長く、小さく、のびのびと咲いています。

 

春のように、風に飛ばされたり、夏のように、水切れを起こしたりが

少ないので、今が一番楽しそうな花達です。

 

しかし、一番私が楽しみなのは、チューリップ。

さすがに、まだ、芽が出たばかりです。

 

f:id:munkht:20170203080823j:plain

 

今年は4月の前半かな?

 

楽しみです。

 

 

<ペリカン 食パン> 小麦がぎっしり詰まってます

昨日、久しぶりに亀戸の駅ビルの地下の北野エース

行ったら、あのペリカンのパンがまだ残っていました。

午後12時30分、、、、あと3個(食パン1斤)ありました。

 

その後、打ち合わせがあるので荷物が多くなるなあと

思いつつ、こんなチャンスはない!!と購入。

 

そして、今朝、トーストにしてたべることに。

f:id:munkht:20170201104420j:plain

こちらは、切った状態。

 

小麦がぎっしり詰まって、ほんとうに懐かしい。

ふわふわ、、、ではなく、ふんわりぎっしり。

小学校時代(昭和の40年代)のパンですね。

 

噛めばかむほど、味が感じられます。

 

これには、ジャムより有塩バターが合いますが

冷蔵庫は品切れ中。

 

ブルベリージャムを薄く塗って食べました。

 

今、この味が人気なのは、ふわふわのパンはもう

飽きたことでしょうか?

 

ここまで読んでいただき感謝。

 

<湯だけのシャンプーを週に4回> 美容の専門家として35年の私

こんにちは。

 

今日は、シャンプーのお話です。

 

私は、小学生の時から、毎日シャンプーをして来ました。

実家は、美容室と理容室で住居も兼のところで育ったため、

シャンプーは18才まで、自宅美容室のシャンプー台で

朝シャンでした。

それから実家を出ても20代は、ほぼ毎日、朝にシャンプー。

その後、育児などがあったため、シャンプーは夜に変えても

とにかく入浴時にはシャンプーは必須。

 

しかし、2年ほど前、白髪があまりに増えて、困っているということを

信頼するヘアカラーリストに話したところ

「シャンプーのやりすぎですよ。週に2回にしては?」と

言われ、、、、

サラリーマンには厳しいが、少しづつ実施。

 

とどめは、震災の避難所のニュースを観た際に「これは避けたい」と思ったこと。

それは、避難所に滞在の40代の女性が「今何が大変ですか?」の質問に対し

 

「お風呂に入れないのはなんとかなります。(ウエットタオルなどで拭けるからか?) しかし、頭が洗えないのはとにかく、かゆいです。頭を洗いたいです。」

 

と語っていたこと。

そう、毎日シャンプーしていると、その皮脂サイクルになり、シャンプー後

24時間を過ぎると、皮脂が増加し、かゆみが増すと思います。

いつ、同じことになるかわからない・・・「私は頭皮のかゆみを気にして

避難所にいるのは、いや。」と思ったのです。

 

そして、会社を退職したことで、毎日近くで人と接することがなくなり

(満員電車、会議の席での接近)

とうとう、週3回だけのシャンプーが実現。

 

あ、毎日お湯で流すことはやります。

つまり湯シャンは毎日。

しかし、シャンプーでゴシゴシは、週に3回。

え?夏?

夏もです。

 

かゆくないですか?

慣れるまで2か月くらいは、頭皮の匂い、かゆみは感じました。

しかし、サイクルが整ってきたら、、、

頭皮の皮脂の匂いも変化し、、、全く問題なくなりました。

 

ポイントは、ブラッシングです。

とにかく、良くブラッシングをしてください。

朝も、夜も。

 

その時に頭皮の皮脂がきれいになるのです。

つまり、シャンプー時のマッサージとブラッシングは同じです。

 

私の母は、80才。美容師歴60年以上。

シャンプーは週に1回です。

もちろん、ブラッシングは毎日。

髪はフサフサ。。。

白髪はありますが。。。

 

洗顔もそうでうすが、清潔であることと、

洗うことは違うことかもしれないです。

 

あ、ボディは毎日、石鹸で洗います。

マッサージをしたいので。。。

固形石鹸で。。。

 

実際の日程はこんな感じです。

 

日曜 シャンプー

月曜 湯だけ

火曜 湯だけ

水曜 シャンプー

木曜 湯だけ

金曜 湯だけ

土曜 シャンプー

 

シャンプーの日はとにかくしっかり、洗うこと。

2回洗いもOK。

 

そうすれば、その後の2日も気分良く過ごせます。

 

お試しください、、、冬の今こそ。

 

夏にはサイクルが良くなってますよ。

 

ここまで読んでいただき、感謝。

 

< toujours トゥジュール 鳥取 ザッハトルテ> 技巧的でホスピタリティ抜群

f:id:munkht:20170130093433j:plain

鳥取にびっくりするほど、欧州的な技術のケーキ職人がいるようです。

しかし、ホスピタリティは日本的にすばらしい。

まだ、お店には行っていません。ケーキを食べたのも今回が初めて。

 

しかし、HPやブログを読むとかなりその意気込みが伝わります。

移住されて、その後もしっかり逞しくお仕事をされている方の

モデルですね。

 

そのお店 toujours は、不定期でネット販売をやります。

さっと、載せて、個数が達成すればさっと終了。

いつも見逃していましたが、今回は見つけてすぐに購入。

 

ザッハトルテが届きました。(送料込み 5000円 画像は1/6切れ分)

ケーキと共に生クリーム(高脂肪の液体)が瓶に入って2個も添付されています。

高脂肪の生クリームは、バター不足の今は簡単には手に入らないし、

わざわざ200ccも買えない。

そんな私の気持ちを(初めての購入なのに)よーーーく理解されているような

生クリーム付き。

あ、生クリームは自分で泡立てました。

冬はすぐに固く立ちますね。高脂肪ですし。。。

 

サンドされたアプリコットのジャム(ジュレ)もほどよい酸味。

スポンジ、アプリコット、糖衣に生クリームのマリアージュ

幸せとしか言えない味でした。

 

8年ほど前に、ベルリンの有名店で食べたザッハトルテよりも

ずっと、秀逸。(2月に大雪の中、一人でかなりの距離を歩いて

店を探し、やっと食べたのですが)

 

来月は、ほぼ日で募集した群馬のザッハトルテが届きます。

こちらは生クリームはないようです。

また、ご報告しますね。

 

今日も元気に。